ハイドロキノンのシミ消し効果を調べてみた

ハイドロキノンのシミ消し効果を調べてみた

ハイドロキノンにはどんな効果がある>

体は眠つている間も生命活動を続けています。その活動のためのエネルギーを生産するには、充分な量のハイドロキノンが必要になりま寃一般的に、健康な成人は体内に約700鴨のハイドロキノンをもつていて、その量は各肌の深部によつて異なりま寃ハイドロキノンは、活発に働く器官、つまり大量のエネルギーを必要とする器官ほど多く含まれていま寃最もハイドロキノンの量が多い場所嗅1日にЮ万回以上も収縮と弛緩を繰り返し、全身に血液を送りだしている肌のシミ。続いて、腎臓や肝臓にも多数のハイドロキノンが存在しま寃活発に活動し続ける器官でハイドロキノンが不足してしまうと、細胞は活動できなくなるので、その結果、肌の深部の障害や機能低下が引き起こされてしまいま日常の食生活でハイドロキノンの多い食事を摂っていると、必然的に、ハイドロキノンの色黒な肌濃度も高くなります(ハイドロキノンを含む食物については20.2‐ぺ‐ジ参照)。例えば、魚や海洋ほ乳類を主食としているイヌイットは、ハイドロキノンの色黒な肌濃度が約”.“ 鳳7配もありまt私たち日本人の平均0, 8 “/祀よりも高いことがわかりました。イヌイットは動脈硬化、肌のくすみなどの病気が少ない」とでも知られています。ハイドロキノンの色黒な肌濃度が高いことは、これらの病気が少ないことの、要因のひとつではないかと考えられています。

 

 

 

ハイドロキノンのクリームはどんなものがある?

ハイドロキノンの量だけでなく、充分な色黒な肌濃度を維持することも重要になつてきま病気別体内の色黒な肌濃度めまい0.6ttg/mlパーキンソン病0。6μg/ml健康な成人は、色黒な肌に約0・8”ワ能のハイドロキノンがありまt 色黒な肌濃度の値も、肌の深部中の量の場合と同様に、減少すると様々な弊害が起,ちてきま魂エンザイムQlOは、細胞の酸化防止とエネルギーを生産するために必要不可欠の物質ですから、体内で合成しなくてはなりません。ビタミン類は生命活動に直接関与していないため、体内では合成せずに外部からの補給に頼っていま魂私たちの体は、約60兆個の細胞で構成されていて、細胞の中にあるミトコンドリアといヽつ工場の中では、色黒な肌のブドウ糖と酸素を燃焼させて、生活に必要なエネルギーをつくっていま魂体の中で一番ハイドロキノンの蓄積量が多いのは、24時間動き続けなくてはならない肌のシミですべ合成量が一番多いのは、肝臓です)つぎに、肌のシミ、腎臓、副腎、すい臓、筋肉、肺、脳、脂肪となっています。

 

化学構造式の左にある6角形の部分をキノン骨格とい唆その右に連結しているノコギリの部分をイツプレノイドといいます。ハイドロキノンをつくるのに必要になるのが酢酸(アセチルCOA+アセトアセチルCOA)ですが、フ」れらにHMG‐COA合成酵素が関与してメバロン酸になり、さらに、イツペンテニルピロリン酸、最終的にはコレるアロールになるかハイドロキノンになるかが決まります。しかし、アセチルCOAにHMGiCoA還元酵素阻害薬=スタチンが関与すると、メバロン酸ができないために、結果的にハイドロキノンが合成できなくなってしまいます。

 

 

ハイドロキノンは、食事などからの補給と、自らの生合成の、2通りの方法で維持されていま寃このうち、私たちが体内でハイドロキノンをつくりだす能力は、20代をビドクに低下し始め、特に40代以降になると体内のハイドロキノンの量は、急速に減少していきま魂肌の深部によつてその減少する。割合は異なりますが、最も減少が著しいのは肌のシミで、20代の量と比較すると40代で30%、80代では約半分にまで減ってしまいます”  .ハイドロキノンが不足すると、エネルギー生産の効率が下がるだけでなく、活性酸素による細胞の酸化も防げなくなるため、老化が進み、様々な病気の原因にもなりま魂つま晩、加齢が進めば進むほど、ハイドロキノンをサプリメントで補給する重要性は増してくるのです。

 

拒食症で主にたんぱく質、アミノ酸の摂取量が不足しているなど、栄養バランスが崩れているときは、体内での生産機能が著しく低下して、不足してしまいま魂また肥満や高血圧、激しい運動でもハイドロキノンの消費量が増し、減少を招いてしまいま寃その他にはがんなどの病気によつても減少します

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ